仕事で失敗しても自分を責めないでください

お金・仕事

山内です。
 

仕事で失敗しても
自分を責めないでください。
 

なぜなら・・
 

人は完璧じゃないから美しいし
人は完璧じゃないから失敗もする。
 

そういうものだからです。
 

だから、
 

仕事が上手く行くときもあれば、
仕事が上手く行かないときもある。
 

それが自然というものです。
 

だから、
 

仕事で失敗して怒られても
仕事で失敗して責められても、
 

あなたは、
責任を感じる必要はありません。
 

もちろん、
 

失敗したことに対して、
最低限、謝る必要はあります。
 

失敗したことに対して、
最低限、同じ失敗をしないように
改善する気持ちは大切です。
 

でも・・
 

必要以上に責任を感じたり、
その日の仕事が終わってからも、
ずっとその失敗のことばかりを考え・・
 

何日も何日も
悩み苦しんでしまう・・
 

そんなあなたも
いるかもしれないので
言っておきますが・・
 

仕事で失敗しても
自分を責めないでください。
 

というのも・・
 

「自分が確認しなかったからだ」
「自分が報告しなかったからだ」
 

でも・・
 

チームでやっている以上
みんなの責任です。
 

もちろん、
 

自分が失敗したことに対して
 

・非を認める
・みんなにあやまる
 

これは最低限、
人として大切です。
 

しかし、
もっと大切なのは・・
 

やってしまったことを
いつまでも悔やんで、
 

暗い顔をしないでほしい
ということです。
 

やってしまったこと
過ぎてしまった時間は戻りません。
 

だから・・
 

その日の失敗については謝って
1日限りで終わりにする。
 

家まで持ち帰らない。
 

それが大切です。
 

だから、
 

必要以上に責任を感じて、
自分を責めることだけは
しないでください。
 

なぜって?
 

過ぎたことは
どうしようもないからです。
 

そして、
 

ここからが
大切なことですが・・
 

あなたは自分を責める前に、
こう考えるようにする。
 

あなたは寝ても覚めても・・
 

もっと良くするには
どうしたいいだろう?
 

もっと喜んでもらうには
どうしたらいいだろう?
 

と・・
 

自分を責める前に
もっと良くする方法を考えて
 

社長、部長、上司に
相談する。
 

こうしたら
もっとよくなる
んじゃないか?
 

こうしたら
もっと喜んでもらえる
んじゃないか?
 

それを、
 

社長、部長、上司に
相談する。
 

失敗に
落ち込む前に、
 

失敗にへこむ前に・・
 

どうしたら
同じ失敗をしなくてよくなるか?
 

どうしたら
あの失敗を活かせるか?
 

そして・・
 

こうしたら
もっとよくなる
んじゃないか?
 

こうしたら
もっと喜んでもらえる
んじゃないか?
 

それを、
 

社長、部長、上司に
相談する。
 

そうすることで、
 

失敗のことは
どうでもよくなるし、
 

それ以上に
 

社長、部長、上司に
「会社のことを
思ってくれているんだ」って
認めてもらえて
 

失敗してよかった!
って思える
 

笑顔のあなたがそこに
いるかもしれない。
 

そしてそうやって、
 

何度も何度も
失敗と改善を繰り返していくうちに、
 

何度も何度も
失敗と成功を繰り返していくうちに、
 

あなたはだんだんと
失敗する回数が
減っていき・・
 

あなたはだんだんと
成功する回数が
増えていきます。
 

つまり、そうやって、
人は成長する物だし、
 

1年、2年、3年と・・
 

改善に改善を
繰り返していくうちに、
 

あなたは誰よりも
仕事ができるようになるし、
 

あなたは誰よりも
その会社のことが
わかるようになるから、
 

その後、
 

あなた次第では、
独立して、
 

その会社の店舗経営者となり
お店を次々と増やしていくことも・・
 

あなた次第では、
起業して、
 

あなたが起ち上げた
ブランドのお店を持つことも・・
 

どんな仕事を極めた
あなたになることだって、
 

失敗に失敗を重ね・・
改善に改善を重ねてきた
 

あなたなら
もうできますよね?
 

というように・・
 

すべての失敗を経験した
その先にあるのは、
 

ただ1つ・・
 

あなたが長年積み重ね
磨き上げてきた・・
 

経験という名の成功。
 

ただ、1つではないでしょうか?

――――――――――――――――――――――――

 
 

山内 ひろき(Hiroki Yamanouchi)

人生に悩み苦しんでいるあなたが一刻も早くその心の苦しみから解放され、最高に幸せな未来へ‥1歩前進できるようにという想いから作成した、リリエルカンパニー公式サイトです。

関連記事